Welcome to Towa

東和塾を自分の勉強部屋に。ここを自分の勉強部屋だと思って、扉を開いてみてください。

ニュース

2017.5.21
■□■高校生定期テスト勉強会■□■
本日も10名の高校生が自習に来ています。試験科目が9科目もあるので準備が大変です。特に高1生は大学に現役合格しないと入試制度が変更になるので厄介です。学校の勉強をがんばって指定校で進学するか、自分の行きたい大学を一般入試で受けることになるか、成績次第です。しかし高校の授業は、中学の授業より進みが早いし、量も多いので油断禁物です。「1学期がなんとなく過ぎてしまった」「中学の頃に比べると覚える量が増えたり、授業のスピードが速くなったりして、いつの間にか夏休みを迎えそう」「授業ノートはキレイに書いたけど、テストの点数に結びつかなかった」など、1学期を思うように過ごせないことが多いかもしれません。しかし、心配しないでください!いくら授業の進みが早いと言っても、まだ入学して2ヶ月分の授業量しかありません。この夏にしっかり復習をしておきましょう。
--------------------------------------------------
2017.5.20
■□■高校生定期テスト勉強会■□■
14:00-21:00まで高校生の定期テスト勉強会を行っています。今日の参加者は10名。各自学校の課題を持ち込んで自分で、自分から、自分のために勉強しています。テストが18(木)から始まった高校もあれば、23(火)から始まる高校もあります。週末を挟んだ方が対策はしやすいですね。高1生は数A「場合の数」が理解できないとボヤいていました。通う高校は異なりますが、マイペースで仕上げをしていました。みんなさわやかで、明るく元気な子です。やるべきことをしっかりこなしてくれています。
----------------------------------------------------
2017.5.18
■□■塾の勉強会■□■
大手進学塾・個別塾の教室長などを経験した民間教育コンサルタントのセミナーに参加した。

この時期の5月・6月は大手個別塾の人事異動の時期でもあります。新卒が1カ月間の研修を終え、ほとんどが教室長として教室運営を任されます。新任教室長が責任者として年の近い大学生講師をマネジメントしなければなりませんので、その方針に反発してバイトを辞める講師が少なくないようです。

新任教室長の最初の仕事は、夏期講習生の募集です。その夏期講習で学習するテキストは、本来であれば生徒の学力に見合ったテキストを選択すべきではずですが、本部の方で一括して購入した方がコストダウンできますので選択の余地はありません。教材選定は塾の大切な役割です。まだ習っていないところの教材を選ぶ力を生徒たちは持っていません。入試問題も解けないので、入試分析もできません。自分にとって適切な教材か分からないのです。

そのコンサルタントが個別指導時代、夏期講習で塾の専用テキストを一生懸命指導したのに、夏休み明けに受けた学力テストの結果は夏休み前とほとんど変わらなかったと本音を話してくれました。学校の定期テストで高得点が取れたとしても、実力テストでは50点にも届かないケースがあります。都立高校入試は学力テストレベルなのです。学力テストで低い点数が出てしまうと退塾につながるので学力テストを受験しない所もあるそうです。

私は前職では外資系投資銀行で機関投資家と呼ばれる大手金融機関を担当していましたが、投資家へのディスクロージャー(投資判断に役立つ十分な情報開示)が厳しく求められていました。リターンとリスクについては十分に説明し、投資家が納得した上で購入していただいておりました。しかし、この塾業界にはそういったルールは全くありません。Webページに料金表がない塾も少なくありません。

ましてや入社2ヶ月目から機関投資家を担当することはありえないことです。初めはアシスタントして先輩の仕事を見て覚えて、少しずつ引き継いで行きました。相手はプロの投資家ですから新米はすぐに見破られてしまいます。6月に教室長を任され、一人30万円の夏期講習販売のプレッシャーに負けて、退職する社員もいるそうです。教育・学習支援業界の新卒3年以内の離職率48.5%(H28第2位)がそれを裏付けています。折角子どもが大好きで入社してきた若者が、プレッシャーに悩まされ、ストレスに負けてつぶれてしまう問題をこの業界は抱えています。先月も昨年新卒で大手個別塾に就職したものの1年で退職し求職中の方からお問い合わせがありました。。

これまで東和塾は、良いことも悪いこともすべて保護者にお伝えするように努めてきましたが、これからもそのつもりで教室運営をしていきます。学生講師にはこの塾の卒塾生の大学生もいて、後輩のために勉強はもちろん部活の悩みなどにも気軽に相談にのってくれています。また、全国レベルの学力テストを小4-中2は年3回、中3は会場テストを加えると年8回受験させています。漢検と英検にも全員がチャレンジしています。成績が下がるとき、伸び悩むときもありますが、きちんとディスクロージャーをして行きたいと思います。
-----------------------------------------------------
2017.5.14
■□■高校生定期テスト勉強会■□■
河合の模試があるみたいで、今日の出席者は9人。その内8人が数学を勉強している。戸山・青山・竹早・三田・墨田川・向丘・江北・葛飾野高校に通っています。

中学生のときに在籍してくてていた生徒の今年の大学受験では、深川高校から明治大学商学部、江北高校から明治大学法学部へ進学した生徒がいます。蒲原中時代の学年順位は上位50番以内、定期テストでは5科で400点は超えていました。高校に進学後も大学受験を見据えて学校の勉強を大切にしていたのでしょう。
----------------------------------------------------
2017.5.13
■□■蒲原中定期テスト対策■□■
5月27日の運動会が終わると、いよいよ新学年最初の定期テストがやってきます。まだ授業の進行がそこまで早くないので、テスト範囲が狭く、実は勉強すれば高得点が期待できるテストです。数学は計算問題が中心で図形や証明問題は出ません。「部活が忙しいから・・・」などと言わずに、キチンと対策して、点数・学年順位共に上位を目指しましょう。特に中1生は、この最初のテストで、これからの3年間が決まります。

●6月10日(土)
17:00-19:00 英語・数学 中1
19:00-21:00 英語・数学 中2
●6月11日(日)
15:00-17:00 数学・国語 中1
17:00-19:00 理科・社会 中1・2
19:00-21:00 数学・国語 中2
●6月12日(月)中3振替休日
13:00-15:00 英語・数学 中3
15:00-17:00 理科・社会 中3
●6月13日(火)中3振替休日
13:00-15:00 数学・国語 中3
15:00-17:00 理科・社会 中3
●6月17日(土) 
15:00-17:00 英語・数学 中1・3
17:00-19:00 理科・社会 中1・2・3
19:00-21:00 英語・国語 中2
●6月18日(日)
15:00-17:00 英語・国語 中1・3
17:00-19:00 理科・社会 中1・2・3
19:00-21:00 英語・数学 中2
●持ち物
教科書・塾ワーク・学校ワーク・プリントなど
◆部活大会や練習があって参加できない場合はお申し出ください。
-----------------------------------------------------
2017.5.12
■□■高校生定期テスト勉強会■□■
上記勉強会に高校生11名の申込がありました。返信ハガキを出し忘れた人、メールでも電話でも受け付けしています。もちろん席に余裕があれば当日参加も可能です!家ではどうしても集中できない、スタバやドトールだと落ち着かない人は遠慮なくご参加ください。ここはみんなの勉強部屋です。入退室は自由、飲み物は準備しておきますが、軽食を持ち込んでもかまいません。自分で、自分から、自分のために勉強しましょう。(卒塾生限定)

日時:5月13日(土)17:00-21:00
     5月14日(日)14:00-18:00
     5月20日(土)14:00-18:00
     5月21日(日)14:00-18:00
------------------------------------------------------
2017.5.9
■□■ゴールデンウイーク明けの授業(2)■□■
3月に入塾してくれた男の子の兄弟。二人とも野球が大好きで地元の野球チームに所属している。
「GWは野球の試合あったの」
「練習と試合があった」
「守備とバッティングはどれが好き?」
「守備かな・・」
「どこ守ってんの?」
「セカンド」
「一番難しいポジションだね」
「ランナーが盗塁したときベースに入るの?」
「ショートが入るので僕はカバー」
「打席は何番」
「8番」
「WBC日本代表のセカンド誰だっけ?」
「川崎だよ」
「彼うまいよね」


「弟さんは守備とバッティングのどちらが得意」
「バッティング。守備はキャッチャーしている」
「何番打っているの?」
「3番」
「すごいじゃん」
「ところで、キャッチャーのサインは何種類あるの?」
「グーが直球で、パーが牽制だよ」
「小学生はカーブなど変化球を投げさせないんだ」

「ところで、二人、学校の勉強はどうだい」
「わかるようになったかい?」
「うん、できるようになった」
「以前よりできるようになったんだね」
「うん、特に算数ができるようになったよ」

二人は、算数が苦手でした。3月に前学年の総復習のプリントを算国10枚やって、できなかった問題を解き直しました。ご両親にもご協力いただき、仕事で疲れているにもかかわらず父親が子どもの宿題をサポートしてくれていました。宿題をチェックしていると親が教えてくれている痕跡がはっきりと残っていました。

小3・4年生の算数でつまずく子は少なくありません。つまずいても転ばなければ前進できるわけですから、つまずきを早く発見できれば大丈夫です。

そして二人は6月3日の漢検に向けて猛勉強中です。テキストを毎日2ページするように指示したら、父親がテキストに日付を記入してくれていました。それをしっかり守って毎日コツコツ漢字練習をしてくれています。

学校任せ、塾任せ、子ども任せではなく、親がサポートしてくれるとうまくいくケースが小学生には多いように思います。
野球も勉強も当たり前のようにする、そんな習慣を身に付けさせたいですね。
-------------------------------------------------
2017.5.9
■□■ゴールデンウイーク明けの授業■□■
昨日の授業では、生徒たちにゴールデンウイークについていろいろと質問してみました。授業の始まる前の5分間では、こちらから積極的に話しかけるように心がけています。生徒との何気ない会話の中から、状況を把握して授業をスタートしています。特に長い休みの後に、勉強のペースを崩し、一気に遊びモードになってしまう子が少なくありません。

運動系の部活動に加入した中1生は、ランニングや筋トレなどの体力アップのメニューに困惑しているようでした。部活は夏休みまでがんばれば体力もつき、ハードな練習をこなせるようになります。そこまでは辛抱して、逃げないで、投げ出さないで続けてほしいものです。

「フランスの大統領は誰に決まった?」
「確かマカロン」
「それはお菓子」
「マクロンだよ。覚えておいて」
「では、アメリカの大統領は?」
「トランプ!」少しホットしました。
「みんなテレビニュースを見ようね」
こんな会話で5月の授業が楽しくスタートしました
--------------------------------------------------
2017.5.8
■□■ゴールデンウィーク■□■
ゴールデンウィークはいかがでしたか?
「ゴルデンウィーク明けの今日は辛い」
「やる気は普段の10%程度」
「ゴールデンウイークが憎い」とまで感じている人も多いのではないでしょうか。大人も子どももみんな同じ。いつものペースに早く戻さなければいけないのに、この暑さでは無理そうです。

私は昨日7日に、オリエンタルランドに勤めている友人と霞台カントリークラブで早朝ゴルフを楽しみました。朝5時に出発、6時39分にスタート。午前中スループレーで18ホールが終わったのは正午。シャワーを浴びて昼食を食べて、自宅に戻ったのは午後2時でした。早起きはいいですね。何か得したような気がしました。スコアは44・51、トータル95と久しぶりに100を切れました。

前職時代は毎月2〜3回、年30回程度、接待ゴルフや会社の仲間とプレーしていましたが、この仕事を始めてからは年に3〜4回程度でしたので、この95という結果には大満足でした。

そんなわけで、私のやる気は100%MAXです。(笑)
---------------------------------------------------
2017.5.1
■□■中3英語■□■
今日は休塾日ですが、中3生に集まってもらい、英語の教科書の復習と予習をしました。特に中3生は、5月は運動会、6月には修学旅行とタイトなスケジュールが続き、アッというまに定期テストがやってきます。直前になって慌てないように、今日は定期テストの範囲のLesson 1 & 2の本文を音読し、日本語訳を確認しました。本文をスラスラ読めるようになるまで何回も練習しました。タイムウォッチでスピードを測りました。

英語を苦手にしている子は、まず英語をスムーズに読めません。でも何回か練習すれば読めるようになります。1・2回読むだけではダメですが、10回読めばスムーズになります。訳を意識しながら英文を読めるように、教科書にできるだけ情報を書き込ませています。英文の下に、日本語訳を書き、その訳を視野に入れながらもう一度英文を読んでみる。

こうやって読んで、書いて、目で見て覚えることができれば定期テストで80点以下はありえないと思います。中途半端ではなく何回も反復することが大切です。GW明けには英単語テストをする予定でいます。中1生は身近な英単語、例えば数字の4=four、40=forty、椅子=chairなど、中2生は、一般動詞の過去形、中3生は一般動詞の過去分詞などを中心に語彙力をアップしてもらいます。
---------------------------------------------------
2017.4.30
■□■5月1日(月)・2日(火)について■□■
明日5/1(月)・5/2(火)は年間スケジュール通りお休みをいただきますが、中3生は5/1(月)19:00-21:00に補習授業を行います。英語の教科書を忘れずに持参してください。Lesson1&2の訳をやります。小学生・中1・2生の授業はありません。お間違えのないようお願いいたします。
---------------------------------------------
2017.4.29
■□■高校生定期テスト勉強会■□■
ゴールデンウイーク、体育祭が終わると新学年になって最初の定期テスト。ここでスタートダッシュできると成績アップにつながります。学校の教科書・課題やプリントなどを持参して自習しましょう。

日時:5月13日(土)17:00-21:00
     5月14日(日)14:00-18:00
     5月20日(土)14:00-18:00
     5月21日(日)14:00-18:00

時間内であれば入退室は自由です。飲み物は用意しておきますが、軽食など持ち込んでもかまいません。自分で、自分から、自分のために、ここで勉強してください。(卒塾生限定)
----------------------------------------------
2017.4.20
■□■春の生徒募集について■□■
新中1生の部活体験が終わり、部活に正式入部したため、夕方から夜の時間帯が曜日によっては満席になりました。個人別に都合の良い曜日・時間・科目を選択できますので、部活と勉強の両立が可能です。塾に通うかどうかは別にしても、とにかく早い時期から入試を意識した本格的な学習を始めた方が良いことは間違いありません。

残席状況(4月24日現在)
●19:00-21:20
月曜日:満席
火曜日:残席4
水曜日:残席5
木曜日:満席
金曜日:残席3
●17:00-19:00の時間帯は余裕がありますので、好きな曜日を選択できますのでご検討ください。
-----------------------------------------------------
2017.4.20
■□■第1回漢字検定日変更■□■
今回は32名のお申込みをいただきました。ありがとうございます。4月21日(金)で締め切らさせていただきます。こちらのミスで検定日を6月17日(土)とご案内していましたが、6月3日(土)になります。訂正しお詫び申し上げます。
検定日:6月3日(土)
時 間:17:00-18:30 5・6・7・8・9・10級
       18:30-20:00 準2・3・4級
対策日:5月27日(土)
       17:00-18:30 5・6・7・8・9・10級
       18:30-20:00 準2・3・4級
--------------------------------------------------
2017.4.11
■□■私立高校の授業料■□■
H29年度から私立高校の授業料負担が、保護者の年収(4人世帯・夫婦+子ども2人をモデル)に応じて大幅に軽減されます。支給総額は、442,000円の範囲内で在学校の授業料が上限になります。

保護者の年収 国の就学支援金 +都の助成金  = 合 計
760-910万円  118,800円        0円    118,800円
590-759万円  118,800円     323,200円    442,000円
350-589万円  178,200円     263,800円    442,000円
250-349万円  237,600円     204,400円    442,000円
250万未満    297,000円     145,000円    442,000円
詳しくは東京都・私立高校にご確認ください。

H30年度は、国数英の3教科受験できる私立高校へ進学を希望する生徒が増加するでしょう。生徒の選択肢が広がりました。
--------------------------------------------------
2017.4.6
■□■中3で英検3級以上、36.1%■□■
文部科学省が5日、全国の公立中高生を対象にした2016年度の英語教育実施状況調査を発表した。高校3年生で英検準2級以上、中学3年生で英検3級程度以上の英語力をもつ生徒はともに36%台で、「2017年度までに50%」という目標は厳しくなりました。

都道府県別の中学3年生の英語力(英検3級相当以上の割合)

東京都  47.1%  29.3%(内、英検3級取得者)
千葉県  45.9%  23.9%(同)
埼玉県  38.3%  20.5%(同)
神奈川県 34.8%  16.2%(同)

トップは
奈良県  48.0%   9.7%(同)
最下位は
熊本県  26.3%  13.1%(同)

英語力が伸びた自治体の中には英検の検定料を補助したり、外部試験を導入したり、独自の取り組みをするケースが多かったそうです。

塾の小6生には、フォニックスで英語の読み書きのルールを達成感を感じながら進め、正しい発音を学んでから、中1教科書「コロンブス」の音読を楽しみながらやっています。小6の1月に英検5級を取得し、2月から中1英文法を先取り学習しています。すでに中1で習う英文法の半分を学び終え、中1の2月に英検4級、そして中2の2月に英検3級、中3の10月に英検準2級の取得を目指します。
-------------------------------------------------- 
2017.4.4
■□■春期講習9日目■□■
新中1生はこの春期講習で6月の定期テストの範囲を予習しています。中1数学で最初に学ぶ「正負の数」「文字と式」は数学の土台になる単元ですので特に重要視しています。英語は、中学で初めて文法を学ぶ生徒もいれば、英検4級レベルの生徒もいます。小学校から英語を学んでいる生徒には、学校の英語の授業は退屈になってしまいますが、学校の授業を復習と思ってわりきってもらうしかありません。このまま英語は先行逃げ切りで行きたいところですが、「一般動詞の3人称」や「疑問詞」でつまずく生徒が多いので、スピードを落として安全運転を心がけます。

大学の履修登録を終え、講師のシフトが決まり、来週から通常授業が再開します。蒲原中の先輩でもあり、この塾の卒塾生でもある学生講師に、勉強や部活の悩みなどを気軽にぶつけてみてください。
---------------------------------------------------
2017.4.3
■□■「こだわらず」「心配せず」「前に進む」■□■
昨日は、長男・次男と3人で久しぶりに食事ができた。長男は、投資信託会社のファンドマネージャーとして、内外株式の運用を担当している。毎朝、5時に起床、6時45分に出社し、海外の金融マーケットの動向をチェックしてから株式運用業務をしている。毎日の仕事が変化に富んで面白くてしかたないらしい。

一方次男は大学4年生。大学3年の夏にサマーインターンでお世話になった外資系金融会社から2月に内定をもらい、現在は大学の交換留学生が宿泊する国際学生寮に入寮して、RA(レジデント・アシスタント)として留学生の世話をしている。残り7単位で卒業できるらしく、後期は米国フロリダ州にあるジャクソンビル大学に留学する。

自分の子どもたちを見ていると、英語は好きな教科でしたが、受験英語でしたので、読み書きが中心で話すのが2人とも苦手でした。次男は上智大学外国語学部英語科の一次試験にパスしたものの、2次試験の英語面接で不合格になりました。その悔しさをバネに、大学進学後も英語を学び続けてきました。二人ともいつのまにか英語が上達していました。プライベートでもビジネスでも英語でコミュニケーションできるレベルに近づいてきました。受験英語が彼らのベースになっていると思います。

2020年度から小学校で「外国語活動」の開始が小3に前倒しされ、小5・小6では英語が正式教科になります。世界で活躍するグローバル人材の育成に向け、英語教育の強化に取り組むことは必要ですが、「話す」というのは簡単ではありません。ネイティブ・スピーカーのように流暢に英語を話すことは不可能でしょう。少しでも英語を話せるようになるための土台は、やはり文法、先立つものは語彙力と思います。社会人になって英語を使う場面は、Eメールでのやり取りが多く、英語を読めて書く能力が求められます。コミュニケーションの手段として英語を使えるようになるために、ネイティブに「こだわらず」、間違えたらどうしようと「心配せず」、文法力や語彙力を身に付けながら「前に進む」ことが大切ですね。
-----------------------------------------------
2017.4.1
■□■春期講習7日目■□■
冷たい雨が降る中、生徒たちが塾に勉強しに来てくれています。春期講習折り返し地点の昨日と今日は、今までに学習した内容の確認テストを行い、わからない問題を解説しました。英数は積み重ねの学問ですので、前学年の内容が定着していないと進級しても学校の授業についていけなくなるリスクがあります。そうならないために春期講習で理解不足の単元をしっかり復習しておきましょう。
----------------------------------------------------
2017.3.28
■□■春期講習3日目■□■
新高3生の春期講習は24日間。ゴールデンウイーク直前の4月28日まで続きます。得意伸長・苦手克服のために最先端映像授業「ベリタス」を視聴しています。英語には、英単語と熟語の語彙力強化のコースもあり、苦手な生徒は単語力、文法力アップを図ります。得意な生徒はセンター過去問に取り組んでいます。生徒に感想を聞くと、解説が丁寧で大変好評です。

1年後のセンター試験に向けて、夏までは学校の課題と基礎力アップを目指しています。大手予備校のようなフルサービスはできませんが、その生徒が必要なものをタイミングよく提案させていただきます。

「ベリタスアカデミー」は月額定額制・教科制です。ネットがあればスマホでもPCでも、どこでもいつでも受講できます。大手予備校で指導経験のある講師陣がわかりやすく説明してくれます。

また電子ホワイトボードを活用していますので板書は最低限で済みます。黒板授業でありがちな、板書を写すのが大変で、講師の話を聞き逃してしまうことはありません。

見れば見るほど授業料も比例して高くなる料金システムではなく、24時間見放題の月額定額制です。見れば見るほど1コマあたりの授業料が安くなります。

さらに教科制ですので、国語を受講すると現文・古文・漢文、英語を受講すると単語・熟語・文法・センター試験・大学別過去問、
社会を受講すると日本史・世界史・地理・政治経済・現代社会、理科を受講すると、生物・化学・物理など基礎から入試レベルまですべての講座が視聴できます。

■高校生ベリタスコース(料金は税別)
120分×週1回 1教科 12,000円/月
120分×週2回 2教科 22,000円/月
120分×週3回 3教科 32,000円/月
------------------------------------------------
2017.3.27
■□■春期講習2日目■□■
今日は朝から冷たい雨の降る一日ですが、みんな集中して各自の課題に取り組んでくれています。前学年の復習をする生徒、新学年の予習をする生徒など学ぶ内容は異なります。ペースが速くても定着していなければ意味がありませんし、逆にペースが遅すぎて次の定期テストの範囲が終わらなければ得点できません。生徒のペース配分をコントロールして、理解しているか確認しながら講習を進めています。
明日は高気圧に覆われ、この時期らしい陽気な一日になって真冬の寒さから解放されそうです。
---------------------------------------------------
2017.3.24
■□■お問合せありがとうございます■□■
新中3生と新中2生の体験授業のお問合せをいただきました。ありがとうございます。明日から春期講習ですが午後2時〜4時の時間帯であれば面談や体験授業が可能ですのでお気軽にお問合せください。

最初はご面倒をおかけしますが、ご本人と保護者様にお越しいただき、学校や自宅学習の状況、成績などをお聞かせください。こちらからは、塾の指導スタイルや方針などについてご説明いたします。次に、お子さまのご都合の良い日時で、他の生徒と一緒に授業を受けていただきます。小学生は60分×2回(算国or算英)、中学生は90分×2回(英・数・国・社・理の中から2科目選択)を受講できます。当日は筆記用具をご持参いただければ結構です。こちらですべて準備してお待ちしています。

実際にここで勉強するお子さまがこの塾の雰囲気、学習スタイルを気に入ってくれるかがとても重要になります。主役のお子さまがやっていけそうと判断してくれたら、入塾手続きについてご案内させていただいております。

特に受験生になる新中3生には、保護者と塾がコミュニケーションを取って、個々のお子さまの状況に合わせた勉強方法、悩みや不安に答え、受験生活を日常からサポートしていく体制が必要です。

いつからでも始められますが、できる限り早く目標を決め、早く始めればモチベーションを上げることができます。新しい教科書、新しい教室、新しいクラスメイト、新しい先生とすべてが変わる進級・進学の春が、リセットのベストタイミングです。
-----------------------------------------------------
2017.3.17
■□■公立中学校卒業式■□■
中3生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。そして進学おめでとうございます。塾生の保護者から「春の便り」をいただきました。

「前略、まだ寒さは感じますが、桜の開花予想などを聞く季節になりました。お陰様で無事志望校に合格することが出来ました。これからも勉強は続きますが、塾で教えていただいた事を基に歩んでいってくれると思います。本日は卒業式を迎え赤飯を作りましたので心ばかりですがお納めください。・・・」

次は弟さんですね。高校入試までの2年間をしっかり指導させていただきます。ありがとうございました。
-----------------------------------------------------
2017.3.13
■□■箱根湯本温泉■□■
週末1泊2日で友人と箱根湯本温泉に出かけてきました。1月下旬の都立高校推薦入試から一般入試の合格発表までの1カ月間、蒲原中の定期テストや高校生の定期テスト勉強会などもあって週末はほとんど仕事をしていました。

土曜日の正午に新宿南口の小田急線改札口で友人と待ち合わせ、40年振りに乗る小田急ロマンスカーの新型車両にプチ感動してしまいました。箱根湯本までは90分、ノンストップかと思っていたら町田・海老名・小田原に停車した。箱根湯本駅では小田原市に住む私立中高一貫校で教員をしている友人が出迎えてくれた。

駅から徒歩7分にある「吉池旅館」は、6本の源泉を所有し1分間に最大で720Lの温泉がでています。しかも「かけ流し方式」を適用していて、循環・加水・加熱は一切ありません。そのためか透明で新鮮な温泉でした。食事は友人が気を利かして部屋食になっていました。ほてった体に冷たい瓶ビールが最高でした。

翌日は、手打ち蕎麦「麦」で二八そばを食べ、近くの「箱根ベーカリー」で大人気のクロワッサン、芳酵生クリーム食パンとシナモンロール、それに「福久や」の九頭龍餅をお土産に買ってから、小田原駅まで車で送ってもらいました。途中、彼が教員をしている学校を見学させてもらいました。相模湾が一望できる高台にある
その学校で彼は35年間、生徒に英語を教えてきましたが、今月で引退します。長い間ご苦労さまでした。

午後1時12分小田原発の新幹線で東京に戻り、住んでいる新浦安には午後2時20分に到着しました。心身共にリフレッシュできました。
-----------------------------------------------------
2017.3.7
■□■第4回定期テスト結果■□■
中2生(新中3)が1年後の都立高校入試に向けて好スタートを切ってくれた。
●中2生
5教科合計点 (学校平均+17.4点 284.0→301.4点)
+72点UP 298点→370点
+66点UP 341点→407点
+54点UP 385点→439点
+49点UP 
+38点UP 
+23点UP

●中1生
5科合計点(学校平均+16.8点 260.7→277.5点)
+49点UP 391点→440点
+39点UP 248点→287点
+31点UP 190点→221点
+24点UP 300点→324点
+24点UP 
+20点UP 


-----------------------------------------------------
2017.3.2
■□■都立高校一般入試合格発表日■□■
今日は保護者の方と同じ気持ちで合格発表を待っていました。気づくと午前9時からずっと携帯を握りしめていました。午前中に連絡がくれば合格、午後になると不合格のことが多いので、祈りながら待ち続けていました。

併願を取らずに都立校1本狙いの子が2人、1月のVもぎで志望校C判定が3人、応募倍率が2.2倍の向丘高校を受検する子が2人。みんな行ける高校ではなく、行きたい高校を自分で決めて受検していました。本人の希望、親の希望を尊重し、塾はアドバイスするだけで、最終判断は本人とその家族に任せていました。

その結果、全員合格です。おめでとう!もう最高の気分です。

都立高校合格率【受検者割合】 H29年度 100%
                     H28年度 94.1%


がんばった生徒はもちろんですが、保護者の方にも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。そして、おめでとうございます。
-------------------------------------------------------
2017.2.25
■□■都立一般入試自己採点結果■□■
昨日は、受検を終えた生徒に夜7時に集まってもらい採点をしました。そして一人一人に合格の可能性について伝えた。

応募倍率が2.2倍の高校を受検した生徒は、プレッシャーを跳ね返し、Vもぎの合格基準点を超えていました。一方、ボーダーには少し足りないものの、応募倍率から判断して合格の可能性がある生徒もいました。まだまだ眠れない日々が続きますが、3月2日の発表を待ちたいと思います。お疲れ様でした。

そして、今日と明日は終日、中1・2生対象の定期テスト対策を実施しています。テスト直前のですので、予想問題に取り組んでもらっています。その他にも都立中高一貫校の中3生や高校生が自習に来てくれています。
----------------------------------------------------
2017.2.24
■□■プレミアムフライデー■□■
プレミアムフライデーは、毎月末の金曜日の午後3時に仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しむ取り組みです。楽しくショッピングや習い事をしてお金を使ってほしいらしい。

ファミレスのデニーズやコンビニのローソンなどでは特別メニューや限定商品を販売しています。今日のお昼に立ち寄った焼肉「平城苑」でも午後3時から6時までに来店したグループには、焼肉にピッタリの赤ワインのボトルを進呈してくれるそうです。

この話を塾の生徒にすると「大人ばかりずる・・い!」と反発を招きそうなので、プレミアムフライデーの日の塾は、「宿題なし日」にしてもいいのですが、保護者のご支持が得られそうもありません。もう少し検討する時間をください。(笑)
-----------------------------------------------
2017.2.24
■□■高1・2生定期テスト勉強会■□■
下記の通り、卒塾生を対象に、定期テスト直前に勉強会を行います。学校の教科書やワーク・プリントなどを持ち込んで自由に勉強してください。家ではどうしても集中できなければ、ここで勉強してください。東和塾はみんなの勉強部屋です。塾の卒業生で講師をしてくれていた、慶応大学法科学院生が来てくれる予定です。みんなのやる気スイッチをオンにしてくれるかも?よって、やる気満々の人は参加できません。(笑)

■日時:3月4日(土)・5日(日)両日 13:00-18:00
 
◆当日は何時からでもかまいません。都合の良い時間にいらしてください。事前にメール、または電話をくれると助かります。飲み物を用意しておきます。
----------------------------------------------------
2017.2.23
■□■新しい仲間が増えました■□■
体験授業に参加してくれた新小6生2名と新小4生が正式に入塾してくれることになりました。ありがとうございます。3月中に現学年の内容を総復習し、春休みから新学年の内容に入ります。特に英語は、小学校卒業までに英検5級合格を目指してもらいます。基礎学力を定着させ中学校の学習につなげていきます。
------------------------------------------------------
2017.2.21
■□■都立高校一般入試■□■
都立一般入試まで残り3日になりました。過去問や予想問題で演習を積んできたので、5教科トータルで見ると合格ラインを超えてきています。それでも、それでも安心できないのが受験のプレシャーです。

生徒には解けない問題があっても焦らずに、解ける問題を落ち着いて解いて失点をなくすようにアドバイスしている。無理してしまうとパニックに陥ってしまう。解けそうもない問題があったら、ライバルもきっと解けないと割り切って捨てなさいと言ってきました。

昨年の都立一般入試では、一番がんばってきた生徒が、あと3問、9点取れていれば合格できていました。本番一発勝負の怖さです。その生徒の流した涙を私は決して忘れることはありません。この仕事を続けている限り忘れられないのです。1点の重み、一問の大切さを思い知らされてきました。入試が近づくと合格した生徒の満面の笑みより、惜しくも敗れた生徒の涙顔を思い浮かべます。どうかテスト本番では気持ちだけは誰にも負けないでほしいと願っています。

●都立高校合格率【受検者割合】 H28年度 94.1%
--------------------------------------------------
2017.2.17
■□■第4回定期テスト対策について■□■
下記の通り、蒲原中・東綾瀬中・谷中中生徒対象の定期テスト対策を行いますので、塾生は必ず出席してください。部活動などで出席できない場合は振替いたします。進捗が遅くれている生徒は個別に補習を入れます。当日は教科書・学校ワーク・塾ワークを必ず持参願います。

●2月18日(土)
14:00-18:00 中3   入試特訓ゼミ
15:30-18:00 中1・2 社会・理科
18:30-21:30 中1・2 英語・数学
●2月19日(日)
10:00-15:00 中3   入試特訓ゼミ(弁当付き)
15:30-18:00 中1・2 社会・理科
18:30-21:30 中1・2 英語・数学
●2月25日(土)
10:00-13:00 中3   国語・英語・数学
14:00-18:00 中1・2 国語・英語・数学
18:30-21:00 中1・2 社会・理科 
●2月26日(日)
10:00-13:00 中3   社会・理科
14:00-18:00 中1・2 国語・英語・数学
18:30-21:00 中1・2 社会・理科
-------------------------------------------------
2017.2.11
■□■H29 都立高校推薦入試■□■
推薦入試が終わり、惜しくも不合格だった生徒たちが、一般入試に向けてラストスパートに入った。発表当日は、ショックで落ち込んだ生徒もいましたが、立ち止まることなく次に向けてスタートすることができました。
都立高校10年分の過去問と5回分の予想問題などで実践演習を積み重ねてきましたので、得点力もアップして、合格点に届くようになりました。今日も午後2時から6時まで、社会・理科・英語の予想問題を本番モードで取り組んでくれています。全員が、併願した私立高校に合格していますので、第一志望の都立高校に思い切りチャレンジできます。

H28 推薦合格率 50% 受検校推薦倍率 平均3.51倍
H29 推薦合格率 57% 受検校推薦倍率 平均3.91倍

この塾から都立高校推薦入試を受検し、合格した生徒の割合は50%を超えました。二人に一人が合格することができました。大学推薦入試(指定校推薦・公募推薦・AO入試)で進学する学生が5割以上を占めている中で、一般入試とは異なり、学力以外の要素も評価される都立高校推薦入試には今後も注力していきます。大学受験に必ず役立ちます。
---------------------------------------------------
2017.2.3
■□■第3回英語検定合否結果■□■
小6・中1・2生中心に11名が受検し、10名が合格しました。おめでとうございます。特に小6生の3名全員が英検5級に合格できました。
-----------------------------------------------------
2017.2.3
■□■都立高校推薦合格発表日(5)■□■
先生へ

お陰様で第一志望に推薦で合格することができました。先生が自己PRカードをチェックしてくれたり、面接練習をしてくださったからこそ、本番も自分らしく、落ち着いてやることができたと思います。

集団討論も自分の意見を言えたし、相手の目を見ながら話すことが大切だということも、塾で知りました。たくさんのアドバイスがあったからこそ、よりよいものになったと思います。とても感謝しています。これからもアドバイスや、助言をお願いしますね。

先生に出会えて、多くの事を学べて良かったです。ほんとうにありがとうございました。

推薦合格した生徒からメッセージが届きました。嬉しくて、嬉しくて、言葉にできません。本当におめでとう。そして、ありがとう!本人はもちろん、保護者の方もお疲れさまでした。
------------------------------------------------------
2017.2.2
■□■都立高校推薦合格発表日(4)■□■
都立忍岡高校(応募倍率2.31倍)に合格者がでました。内申点が少し足りていなかったので心配していましたが、何度も何度も面接練習をして逆転合格しました。面接練習では最近の気になるニュースは?と質問したら「豊洲問題です。私の父が、築地市場で仕事をしていて、今回高濃度のベンゼンが発生した豊洲市場の青果棟へ移転する予定なので心配しています」と返答。父親が一番喜んでくれているでしょう。本当におめでとう!

高校入試合格は「夢」の実現に向けての通過点。高校生活スタートダッシュを応援するため、2月より、ベリタスアカデミーの「新高1スタート講座」を受講してください。そして、ちょっとの差で推薦合格を逃した仲間のサポートをお願いします。
---------------------------------------------------
2017.2.2
■□■都立高校推薦合格発表日(3)■□■
地元の人気校都立葛飾野高校(応募倍率3.07倍)にも合格者が出ました。昼前に本人から電話連絡がありました。部活や学校行事では控えめな性格なので縁の下の力持ち的な存在でした。集団面接では目立ちたがり屋に圧倒されてしまうのではないかと気にしていたので、「人のために努力する子は、きっと高校もほしがっていると思うよ。君のストロングポイントだから、自信をもってアピールしてきなさい。先生が校長なら絶対君をとるから(笑)」と送り出しました。本当におめでとう。そして都立一般入試に向けてラストスパートをかける部活の仲間を最後までサポートしてください。ありがとう!
---------------------------------------------------
2017.2.2
■□■都立高校推薦入試合格発表日(2)■□■
都立江戸川高校(応募倍率5.03倍)に推薦合格者が出ました。嬉しい知らせが保護者から届きました。高校でもバレーを続けたくて都立江戸川高校を志望していました。集団討論では司会を務めるなどその積極的な姿勢が評価されました。ほんとうにおめでとう!
進学後も、部活と勉強を両立させ、高校生活を思う存分楽しんでください。私ももう一度高校生活を送りたくなりました。(笑)
-------------------------------------------------
2017.2.2
■□■都立高校推薦入試合格発表日(1)■□■
午前9時、朝一番で都立足立高校(応募倍率3.79倍)を受検した生徒の母親から合格の連絡がありました。第一志望校に合格おめでとうございます。少しシャイな性格でしたので心配していましたが、面接で思いを伝えられてほんとうによかったですね。高校でも陸上を続けて、都大会出場目指してがんばってください。そして、都立一般入試に向けてがんばる仲間を最後まで応援してください。ありがとう。
------------------------------------------------------
■□■都立高校推薦入試対策■□■
本日は日曜日ですが、都立推薦入試の対策を実施しました。模擬面接官には生徒とは初対面の先生にお願いし、本番さながらの緊張感を持って行えました。

●個別面接(15分)+フィードバック(5分)
受検校別に想定質問を準備して、それに沿って面接官が質問します。
●集団討論(30分)+フィードバック(5分)
テーマに沿って、私が司会役を務め、ひとりひとりの意見を引き出しいきます。相手を打ち負かすディベートではないので、相手の意見を尊重しながら、着地点を見つけていきます。二人の面接官が受検者の表現力や協調性などを客観的に評価して、最後にフィードバックします。
●作文(50分
ありふれたテーマですが、限られた時間で自分の考えを書いてもらい、後日添削して返却します。
-----------------------------------------------------
2016.12.8
■□■都立高校推薦入試を受ける■□■
都立高校推薦入試を受検すべきかどうか迷われている方も多いと思います。作文(小論文)が苦手とか、集団討論で自分の意見を言えないとか、個人面接の応答に自信がないとか、内申点が少し足りないとか、一般入試に専念したいとか、いくつかの理由が挙げられます。
推薦入試を受検するメリット、デメリットを整理してみると、
●デメリット
1.作文(小論文)の対策
2.個人面接の対策
3.集団討論の対策
4.自己PRカード
5.不合格の場合、一般入試までショックを引きずる
●メリット
1.志望校に2回受検するチャンスができる
2.一般入試に向けて場慣れができる
3.内申点が5割なので学校の勉強をがんばった生徒に有利
4.AO推薦・公募推薦などの大学入試合格者が5割を占めるので3年後の大学受験にプラス。
5.初めて経験する集団討論や個人面接は緊張するが、貴重な体験ができる。

東和塾では、内申点が推薦基準に届いていれば推薦受験をするようにアドバイスしています。もちろん向き不向きはあるが、これからの人生を考えるとチャレンジすべきだと考えます。対策に時間は取られますがトライする価値はあります。3〜6倍の高倍率なので不合格になってもあきらめがつくし、しっかりフォローすればすぐに開き直って一般入試に向けてリスタートできる。もう残り1回しかチャンスがないと本気で勉強に取り組んでくれていた。

■都立高校推薦入試対策について
日時:12月18日(日)14:30-18:00 
内容:作文(小論文)・個人面接・集団討論

何千名の入試面接を担当してきた友人の元高校教員とプレゼンテーションのプロ、広告代理店のプランナーに模擬面接官になってもらい、その場でフィードバックがもらえる東和塾のオリジナル企画です。
--------------------------------------------------
2016.12.2
□■□中3生 内申点確定□■□
中3生の内申点が確定した。全員の平均は3点アップ、現状維持は1名、下がってしまった生徒はいませんでした。、実技科目の内申点が上がった生徒が多く、都立の入試を考えるとプラスです。
都立入試本番まで残り80日です。これからの80日間は得点力が一番伸びる大切な時期です。まだ志望校に成績が足りなくてもチャンスは残っています。最後まで前向きに頑張りましょう。
●中3 Aさんの実績→向丘高校合格(H29/3/2) 
中2学年末 換算内申46 内申点212点
中3 12月 換算内申59 内申点272点
         +13      +60点
◆換算内申(5科×1倍+実技4科×2倍、オール5で65)
◆内申点(換算内申点×約4.6倍、300点満点)
-------------------------------------------------------
2016.11.26
■□■理想の塾を目指して■□■
今日は終日、セミナーに参加した。学習塾の市場規模はH27年度9,570億円、H28年度9,650億円とほぼ横ばいで推移、落ち込んでいないものの大手同士の買収・業務提携や地方進出の結果、中堅の学習塾が影響を受けている。地域の個人塾は大手の影響は比較的少ないらしい。資金力では大手に負けるが、個人塾には定期テスト直前の土・日の対策授業など大手にはできないサービスがたくさんあると思っている。1対1や1対2の大手個別塾は今後講師不足が深刻化し優秀な講師が集まらない、集団授業も最先端の映像授業で同レベルの指導が受講できるようになった。大学受験はすでに映像授業が主流になっている。

これまで通り志望校に合格させることが塾に求められているが、それよりも大切なことは、塾での学習指導を通じて生徒が今までの自分とは違う自分へと成長(変化)するのに立ち会うことである。塾へ来る前と来た後で、生徒に何らかの変化をもたらす塾でありたいと切に思う。理想の塾とは、人間道場としての塾ではないだろうか。

塾に通って、宿題や家で勉強するようになった!
塾に通って、学校の勉強が分かるようになった!
塾に通って、学力がついた!
塾に通って、成績が上がった!
塾に通って、志望校に合格できた!

生徒は自分が重要な存在だと認められているという実感、つまり自分には必要なものがすべて揃っている、自分には自分のことを喜んでくれる人がいる、自分は他人の役に立っているという、セルフ・エスティームを高めてもらい、元気で明るい生徒が集まる活気に満ちた塾であり続けたいと思います。
---------------------------------------------------
2016.10.5
◆◆◆都立江北高校◆◆◆
本日、江北高校の私塾対象説明会に参加させていただいた。一昨年の説明会の参加者は6名程だったが、今回はその3倍近い塾関係者が集まっていた。今年4月、西東京多摩地区にある都立昭和高校(アドバンス校)から、その実績を認められ転任された萩原聡校長の熱意が、プレゼンテーションや配布資料に表われていた。

江北高校(Vもぎ偏差値48)は、都教育委員会からアドバンス校、進学指導推進校の指定を受け、国公立大学や難関私立大学へ進学を目指しているが、進学指導推進校の小松川(偏差値60)・北園(59)・城東(57)・墨田川(55)・江戸川(53)やアドバンス校の上野(55)に大きく水をあけられています。

不人気の理由はいくつか考えられるが、地域性、制服、校舎の老朽化がその主な要因と思われます。しかしながら、H29年から新制服(シャドーストライプのスーツスタイル)を導入しイメージを一新、さらには新校舎がH30年12月に完成(グランドはH32年10月)し、現中3生は高2の冬、現中2生は高1の冬から新校舎を利用できます。それらのマイナスイメージが払拭されれば、優秀な生徒が集まってくると思います。すでに男子の人気は急上昇しています。

今回、1年D組の「数学A」の授業を見学させてもらったが、井出先生の説明は大変わかりやすかった。教員の平均年齢は47.6歳で、指導に脂が乗る40歳代の教員が充実しているのは心強いですね。

今春の大学進学実績(現役)は、国公立4名(茨城大・国立看護大・千葉大・東京海洋大)、早慶上2名(慶応・早稲田)、R-GMARCH44名、日東駒専100名でした。(R:東京理科大、G:学習院大)

H29度の入学者選抜は、昨年度と同じ8学級を募集予定ですが、男女別定員制の緩和を実施します。これは、男女別募集人員の各9割に相当する人員までを男女別の総合成績の順により合格者として決定し、残り1割に相当する人員を男女合同の成績の順により合格者として決定する選抜方法です。これによって女子に較べ学力の高い男子を救済することができます。

■H28度合格者平均
●男子(実質倍率1.57倍)
5教科得点333点、 換算内申45.3
●女子(実質倍率1.17倍)
5教科得点314.1点、換算内申48.5
■H28度合格者最低点(総合点推定)
●男子630点-640点
●女子570点-580点
■学校説明会(予約不要・上履き・筆記用具持参)
●授業公開  10月10日(月・祝)9:40-12:30
●学校説明会 10月10日(月・祝)14:00-16:00
●学校説明会・入試対策会 11月19日(土)14:00-16:00
●個別相談会 12月10日(土)13:30-15:00
◆お問合せ先:3880-3411
----------------------------------------------
2016.10.1
◆◆◆中3保護者面談◆◆◆
今日から中3の保護者面談を個別に行います。お忙しい中、また折角の休日にもかかわらず塾にお越しいただきありがとうございます。今回は普段あまりお会いすることがないお父様にも参加していただきました。ありがとうございました。

塾からは、夏期講習の成果、定期考査の成績、塾内テスト(全国模試)とVもぎの結果報告、都立高校入試情報やそれに向けた受験対策についてお伝えさせていいただきました。保護者からは、家庭学習の状況、学校訪問の予定や進路希望などについてお聞かせいただきました。

都立高校入試まで5か月を切ったこの時期は、生徒はもちろん、保護者の方々も様々な情報が交錯して不安を感じるタイミングです。その中には誤った情報も溢れていますので、正しい情報を的確にお伝えさせていただきました。

生徒の笑顔は私たちのパワーになり、保護者のお話は私たちのサプリメントになります。特に私みたいな老体には何種類ものサプリメントが必要です。引き続きよろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------
2016.9.27
◆◆◆コーチorレフリーorサポーター◆◆◆
先日息子二人と、J1柏レイソルからJ3カターレ富山にこの夏レンタル移籍したFW大島康樹(背番号34)を応援しに三ツ沢球技場まで行ってきました。康樹君は、スタメン出場し、前半3失点し敗戦ムードの中、後半に移籍後初得点を落ち着いて決め、大逆転のお膳立てをしてくれました。チームはロスタイムに同点に追いつき、そして終了間際に逆転をしました。久しぶりにサッカーの醍醐味を味わうことができました。彼が初得点を決めた瞬間、彼の母親(私の従妹)が飛び上って喜んでいました。柏レイソルのジュニアからジュニアユース、ユース、そしてトップチームへ昇格したが、ブラジル人FWとのポジション競争や怪我もあって富山への移籍を決めたに違いない。三浦監督に信頼されてフル出場していました。

サッカー選手と塾の生徒は重なる部分が多いと感じます。生徒はプロではありませんが、サッカー選手同様に得意なプレー(科目)や苦手なプレー(科目)を持っています。ドリブラー(マイペース)もいれば、パサー(周囲を気にしすぎ)もいます。FWタイプの子(やんちゃ・前向き)もいれば、DFタイプの性格の子(大人っぽい・真面目)もいます。テクニックのある子(スマート)もいれば、フィジカルの強い子(シンプル)もいます。私としてはポテンシャルのあるジュニア(U-12)、ジュニアユース(U-15)年代の子供たちの個性や感性を大切にして育てたいと考えています。フジカルスピードより、シンキングスピードを強化したいと考えています。

得意伸長、苦手克服のために、時にはコーチとしてアドバイスします。時にはレフリーとしてイエローカードを出します。時にはサポーターとして、彼らのチャレンジを見守っています。

サッカーの監督と同じくらいのプレッシャーを感じることもあります(定期テストの前後)が、子どもたちの人生(将来)を決める仕事と思ってやってきました。

カターレ富山は現在、勝ち点40で4位。上位2チームがJ2へ昇格します。2・3位が勝ち点43で並んでいますので、富山にもJ2昇格のチャンスは残されています。20歳の背番号34がきっとJ2昇格のシュートを決めてくれると信じています。
---------------------------------------------------
2016.7.8
都立江北高校
萩原聡校長(都立昭和高校からこの4月に転任)からH29年度学校案内とポスターをいただきましたのでご紹介させていただきます。

H28年度は蒲原中から男子5名女子7名の合計12名が都立江北高校へ進学しました。東和塾からも2名、H27年度は3名が進学しました。東部地域の進学校として人気がありましたが、ここ数年は注目度が下がっていました。特に女子から敬遠された理由が古い校舎やトイレ、それに制服(規律)でした。今年10月から新校舎の改築工事が始まり、次年度からは新制服が導入されるなどハード面の改革が加速しています。新校舎完成まで校庭が利用できないなど不便さは残りますが、徐々に人気を取り戻してくると期待しています。

江北高校の特長は、特進クラスの1期生中心に大学合格実績を大きく伸ばしたことです。H27年度に早稲田大学に2名進学しましたが、1名はスポーツ推薦(サッカーFC東京所属)、もう1名はAO推薦で一般入試での合格ではありませんでした。H28年度は国公立大4名(H27/1名)、早慶上理に5名(2名)、GMARCHに41名(19名)、日東駒専に100名(72名)の合格者を出しました。都教育委員会から教務面の強化を目的に副校長が派遣され、副校長2名体制で校長を補佐しています。ハード面(校舎・制服)とソフト面(学習支援体制・進路指導・合格実績)などにおける改革が軌道に乗り始めた印象です。

江北高校も地元の高校ですし、旧5学区復活のためにも応援していきたいですね!

◆H28年度入試結果
推薦 定員  応募  合格者数  応募倍率
男子  33  111   33     3.33倍
女子  30   72   30     2.04倍
一般 定員  応募  受検者数  合格者数  実質倍率
男子 133  209  198     135    1.47倍
女子 120  137  133     122    1.09倍
学校見学会
7/29、8/5・12・26 午前
文化祭
9/10・11
学校説明会
10/10 午後
入試対策会・学校説明会
11/19 午後
個別相談会
12/10 午後
見学の申込みは江北高校 TEL:3880-3411へ
-------------------------------------------------
2016.7.5
都立足立高校
本日、井上隆校長から、H29年度の学校案内とポスターをお送りいただきましたのでご紹介させていただきます。

H28年度は蒲原中から男子6名女子8名の合計14名が都立足立高校へ進学しました。公立高校へ進学した生徒が81名でしたのでその約17%が都立足立高校を選びました。1番人気で2位は葛飾総合高校の13名でした。

一昨年11月に校舎の大規模改修が完了し、生徒はきれいになった校舎で、充実した高校生活を送っています。出身中学校は、足立区が約7割、次いで葛飾区、荒川区、墨田区、台東区の順で、自転車通学が86.7%、電車利用が10%です。

生徒の7割以上が大学進学を希望しており、H28年度の卒業生は、大学・短大への進学率が約56%でした。大学への進学率が増加傾向にあり合格者も増加しています。地元の高校ですので応援したいですね!どうか都立江北高校に追いつき、追い越してほしいと思います。

◆H28年度入試結果
推薦 定員  応募  合格者数  応募倍率
男子  33  118   33     3.59倍
女子  30   94   30     3.13倍
一般 定員  応募  受検者数  合格者数  実質倍率
男子 133  183  174     136    1.28倍
女子 120  138  135     122    1.13倍
学校見学会
7/21・22・25、8/27・28
文化祭
9/18
学校説明会
10/10・11/3・12/10
個別相談会
1/14
見学の申込みは足立高校 TEL:3889-2204へ
-------------------------------------------
2016.7.5
私立淑徳巣鴨高校
都営三田線西巣鴨駅から徒歩3分と交通至便な場所にあります。リオ・オリンピック水泳女子100mバタフライ代表に池江 璃花子(高1)と女子200mバタフライ代表に長谷川涼香(高2)が選ばれた。都立難関校(戸山・青山・新宿・三田・竹早・国際)や、私立難関校(早稲田大学高等学院・慶應義塾・早稲田実業)などの併願校として優秀な生徒が集まっている。

最上位のアルティメットクラス(定員35名)は難関国立大学を目指すクラスです。5教科型に対応したカリキュラムで、現役合格に必要な学力を養います。2017年4月からプレミアムクラス(定員35名)が新設されます。このクラスは慶応義塾大学、早稲田大学、上智大学、国際基督大学などの最難関文系私立大学を目指すクラスです。ギリギリまで国公立対策をしていると難関私立大の対策が後手に回って手遅れになりますので、スタートからコース分けした方が適切な対策が打てます。

プレミアムクラス入試では、英語の配点を150点(1.5倍)、国語100点(1倍)、数学50点(0.5倍)と傾斜配点しますので、数学が苦手だが、英語が得意な女子生徒に人気が出そうです。併願の条件(目安)は、上記2クラスを含む選抜コースが5教科評定が24、特進コースが21〜22と高めに設定されています。併願の偏差値(目安)は、選抜コース(アルティメットクラス)67-69、選抜コース(プレミアムクラス)67-68、選抜コース64-66、特進コース62-63、特進私文コース61が80%合格ラインです。

この学校の特長は、2020年の大学入試制度改革に向けて、「フロンティアプログラム2020」を始動し、さらにバージョンアップさせていくところです。世界を舞台として、感恩奉仕を体現できる、未来を生き抜く力を持った人物の育成にフォーカスするそうです。修学旅行は国民投票でEU離脱を決めたイギリスを訪問します。うらやましい限りです!

H28大学合格実績
国公立大15名、早慶上理41名、GMARCH179名、日東駒専222名
----------------------------------------------
2016.7.4
都立墨田川高校
進学指導推進校の墨田川高校は、下町情緒たっぷりの東向島にあります。東京スカイツリー、昔懐かしい商店街や「言問い団子」で有名な和菓子店が近くにあります。電車通学の場合は北千住乗換で曳舟まで40分、徒歩10分ですが、部活の朝練がある生徒は30分かけて自転車通学をしています。

墨田川高校の特長は、単位制の学校で3年終了時に80単位以上を取得していれば卒業できます。教員数も同規模の学校に比べ、11名多く配置され、、高1から英語・数学中心に習熟度別授業を行っています。今年から生徒の「使える英語」の向上を目的とした英語教育推進校にも指定され、外部検定試験GTECの受験料は学校が負担してくれます。国公立大合格を目指し、予習中心の密度の濃い授業を展開しているようです。

合格実績では、国公立大に21名、早慶上・東京理科大に39名、GMARCHに125名の合格者を出しています。4月に高3対象に進路希望のアンケートを実施したところ、国公立大に70名、早慶上理に50名、GMARACHに109名が志望しています。各学年のA・Bは特進クラスで国公立大、私立難関大学を目指しています。進級時に定期テストの結果、評定、模試の結果で、前年度は1クラス17名程度、進学クラスの生徒とリシャッフルされました。

一般入試では、英数国の3教科は共通問題より難易度の高いグループ作成問題(墨田川・新宿・国分寺)を利用しています。数学の大問1など独自の差替え問題を出題して難易度を調整していますので、特別難しい訳ではありません。このグループ作成問題を嫌って上野・文京・江戸川に流れる受験生がいますが、それは非常にもったいないと考えています。上野・文京レベルの学力・内申点があれば合格の可能性は高いのでチャレンジすべきです。

一昨年、柴田哲校長から上村肇校長に交代しましたが、前任の柴田校長が授業中でも平気で教室に入って寝ている生徒を起こすほどエネルギッシュな方でした。上村校長にも柴田前校長に負けないくらいのリーダーシップを発揮してほしいと思います。

H28年度入試結果
推薦入試  
定員  応 募     合 格    応募倍率
64   男89女166 男17女47 3.98倍
一般入試 
定員  応 募 受 検 合 格  実質倍率
252  372  360  255   1.41倍
受検者平均点(H27)
男子  国 語    数 学    英 語    合 計
男子  64.0(58.7)  49.8(60.4)  49.9(56.9)  163.7(176.0)
女子  66.3(57.8)  44.7(56.9)  49.2(59.6)  160.2(174.3)
全体  65.3(58.2)  46.9(58.4)  49.5(59.6)  161.7(176.2)

共通問題の理科・社会の受検者平均点は非公表ですが、、都全校の平均点(社会59.3点・理科50.6点)+10点と推測します。倍率が1.41倍ですので3教科150点、理社で120点の5科合計270点前後ではないでしょうか。この塾から3年連続で合格者を出していますが、学校の定期テストは400〜450点、素内申で35〜40、換算内申48以上を出願の目安にしています。
------------------------------------------------
2016.7.1
都立三田高校
本日午後2時から開催された塾向けの説明会に参加しました。
都立三田高校は、都心部にありますが、オフィス街ではなく、外国大使館に囲まれた閑静な場所にあります。土地柄外国人も多く、立ち寄ったカフェの店員が、外国人に流暢な英語で話しかけていました。交通のアクセスも良いので、大田区・練馬区や世田谷区在住の生徒はもちろん、最近では足立区・葛飾区・江戸川区内から入学する生徒が増えています。しかし、校舎は古く、窓枠に耐震化の筋交いが入っていました。新しい校舎、新し制服に生徒はどうしても惹かれてしまいます。

三田高校の特長は、毎年帰国生枠が20名あり、英語を得意とする生徒が多いことです。ユネスコスクールというメリットを活かし、近隣の外国大使館を訪問し、国際交流を深め、異文化との交流の場を生徒に提供しています。昨年も、オーストリア・カナダ・イタリア大使館を訪問しました。また、国際理解の一環として、海外修学旅行を実施しています。今年度は台湾に行く予定です。英語教育推進校として配分される予算を、都立墨田川高校同様に、外部検定試験GTECの費用を負担する以外に特別な4技能強化プログラムはありません。国際高校のように学年毎にTOEICスコアを集計して、3年間でどの程度伸びているか確認すべきでしょう。

三田高校の進学実績では、難関国立大(東大・東工大・一橋大)や私立難関大(慶應・早稲田)進学者の割合が増加しています。その理由は年5〜6回個別面談を実施して、しっかりメンタルサポートをしているからです。難関大を目指す男子生徒は励まし続け、現実的な選択をしてしまいがちな女子には最後まであきらめないようアドバイスをしているそうです。

H28年度入試結果
推薦 定員  応募  合格者数  応募倍率
男子  31   69   31     2.22倍
女子  28  113   28     4.03倍
一般 定員  応募  受検者数  合格者数  実質倍率
男子 124  227  198     127    1.56倍
女子 113  249  230     115    2.00倍

------------------------------------------------------
2016.6.30
ジュク(塾)ティブ・イングリッシュ
本日、麹町学園女子中学校で開催された同校英語科特別顧問の安河内哲也氏の講演会「4技能時代に生きる子どもたち」に参加した。

2020年から大学入試が変わります。センター試験の英語はリーディング200点・リスニング50点の正に2技能テストから、スピーキング・ライティングを加えた4技能テストに、名称もセンター試験から大学入学希望者学力評価テストになる。世界では2技能テストは全く信頼されていない。事実、米ハーバード大学、米スタンフォード大学、英オックスフォード大学や英ケンブリッジ大学では4技能テストのみが実施されている。そこで文科省は、日本の英語教育の「ガラパゴス化」を回避するために改革に動き出した。しかし、新テストで英語4技能テストを実施するためには、時間と労力が必要になるが、国の財政状況からそれに見合う予算は期待できない。それで、新テストで4技能テストを試すのを今回は見送り、民間委託を検討したが、丸投げとの批判を浴び、最終的には大学入試に民間の資格・検定試験を利用する半官半民のスタイルに落ち着いたそうだ。

ここで注目すべきことは、これまでのように、推薦・AO入試の要件としてではなく、国立大学ならセンター試験(2020年から大学入試希望者学力評価テスト)の代替、私立大学なら、一般入試としての利用が始まりました。国立大学では、検定試験で基準スコアをとっていれば、センター試験の英語の点数は満点に換算するというものです。この場合、大学ごとの個別試験では英語の試験を受験しなければなりません。一方、私立大学で多いのは、検定試験で基準スコアをクリアしていれば、入試では英語の試験は免除になります。早稲田大文化構想部の基準スコアは、英検2級2200点(4技能各500点以上)となっています。

2017年英語入試改革で先行する上智大学では、グローバル方式、つまり一般入試で英語外部試験を利用した定員を300名に拡大する。立教大学でも、前年度は一般入試倍率6倍に対してグローバル方式は2.9倍と盛り上がりに欠けたが、今後は、グローバル方式の定員を募集定員の50%へ。早稲田大学では、文学部(50名)・文化構想部(70名)合計120名のグローバル方式を、国際教養学部でも採用する予定である。

安河内哲也氏は、文科省の英語教育の在り方に関する有識者会議の委員を務め、大学入試への4技能試験導入に向けて積極的に活動していらっしゃる。話せる英語、使える英語を教えることを重視し、子どもから大人まで、誰にでもわかるように、難しい用語は使わずに、英語を楽しく教えることに定評があります。

英語を学ぶ上で最も重要なのは、優れた教材に絞り込み、それを繰り返し音で学ぶこと。英語は言語ですから、耳で聞きながら口を動かさないと習得できない。そのためには、英語の検定教科書は優れた教材なので、CDを使い、授業や家庭学習、定期テストで繰り返し学習していけば、相当な力が身に付くはず。あれこれ問題集をやる必要はありません。授業スタイルも予備校講師として知識伝達型の授業をしていた時期もありましたが、生徒主導のアクティブな授業に転換している。

塾では学校のようなアクティブラーニングは時間的な制約もあって難しい面があります。目の前の生徒を高校入試で合格させるという縛りがあるからです。そこで「ジュク(塾)ティブラーニング」と称して、
1.意味がわかりながらスラスラ音読できるようにする。
2.ネイティブ音声を聴いて100%スラスラわかるようになる。
3.短文を暗唱して自分の言葉でいえるようにする。
を5分でもいいのでできることから実践していければと思っています。

都立高校入試の英語のは、リスニングと長文読解が80%以上を占めています。文法中心の授業から音読を取り入れた「ジュクティブラーニング」に注力していきたいと考えています。
-------------------------------------------------
2016.6.12
蒲原中第1回定期テスト5教科目標点

5科得点 志望校
480点 日比谷
470点 戸山・青山・新宿・国際
460点 竹早・三田・両国・白鴎
450点 小松川・豊多摩・城東
440点 墨田川・文京・上野
420点 江戸川・深川・工芸・技高専
400点 向丘・江北
390点 晴海総合
380点 本所
360点 飛鳥・忍岡
340点 足立
320点 葛飾野・竹台・葛飾総合
300点 日本橋
280点 足立新田
260点 足立西・農産
240点 淵江・葛飾商業
220点 青井
200点 南葛飾・足立工業
180点 荒川工業

ご参考までに、過去のデーターから志望校別に定期テスト目標点(5教科)を設定してみました。平均点が280点〜300点と仮定しています。
------------------------------------------------
2016.4.2
はじまりの季節に
春ですね。桜が満開です!東綾瀬公園はお花見をする人たちで賑わっていました。スタートの季節に、東和塾でも小さいなりに、何ができるかを考えてみました。東和塾にできること、それは大きなことじゃありません。それは、子どもたちのそばにいて、一瞬一瞬小さなエールを送ることです。これからも、小さなエールを全力で送りつづけようと思います。-

イベント

■□■学力アップ=夏の努力■□■
この夏も好評のサマースクール(夏期講習)を開催します。新学期が始まって学校の授業が少し分からなくなってしまった人、部活の練習や大会があって少し勉強時間が不足している人、スマホやゲームに夢中になりすぎて勉強がおろそかになっている人、受験生なのにのんびりモードの人、英語を得意科目にしたい人、理科・社会がやばい人、まだまだ間に合います。この夏に十分挽回できます。そのためには思い切って一歩を踏み出すことです。待っていては何も解決できません。51日間に伸びた夏休みが復習や予習の絶好のチャンスです!
この夏は自分で、自分から、自分のために勉強しましょう。

夏期講習体験コース受付中
小学生 60分×4回 英語・算数・国語
中学生 90分×4回 英語・数学・国語・社会・理科
 上記科目から1-2科目選択。受講費は無料ですが別途教材費が必要です。
期間:7月22日(土)-8月26日(土)24日間
時間:小学生14:00-18:30、中学生16:00-21:20
内容:
小学生 読書タイム+計算タイム+本講+宿題+小テスト
中学生 ポイント解説+確認問題+練習問題(宿題)+小テスト
問合せ先 TEL:3605-4722 伊藤までお気軽にお電話ください。
---------------------------------------------------
2017.3.6
■□■新しい勉強部屋で、春からパワーアップ■□■
公立中(蒲原中・東綾瀬中・谷中中)から都立人気校へ。東和塾は、塾生みんなの勉強部屋。受験生になる子も、新しい学校へ通い始める子も、それぞれの目標目指し思う存分勉強してください。無料体験受付中!
詳細はこちらをご覧ください。

■新年度通常コース 入塾生募集中!
●小学生(16:30-19:00)
●対 象:東淵江小・北三谷小・東綾瀬小・中川小など
基礎学力を定着させ中学校の学習につなげます。
プライマリー  60分×週1回(算国)  5,000円/月
ベーシック   60分×週2回(算国)  10,000円/月
スタンダード  90分×週2回(算国英)15,000円/月
イングリッシュ 60分×週1回(英語)  5,000円/月
●中学生(17:00-21:20)
●対 象:蒲原中・東綾瀬中・谷中中・十二中など
まずは内申点アップ!そして実力強化!
ベーシック  120分×週2回(2-3科)  18,000円/月
スタンダード 140分×週2回(3科)   21,000円/月
アドバンス  120分×週3回(4-5科)  26,000円/月
ハイレベル  140分×週3回(5科)   30,000円/月
イングリッシュ 90分×週1回(英語)  9,000円/月
●高校生(19:00-21:20)
君もベリタスの最先端映像授業を!1-3月ベリタススペシャルキャンペーン実施中!スタンダードコースは2科目+1科目(無料)、アドバンスコースは3科目+2科目(無料)!
ベーシック  120分×週1回(1科) 12,000円/月
スタンダード 120分×週2回(2科) 22,000円/月
アドバンス  120分×週3回(3科) 32,000円/月
●入塾特典
1.早割 3月18日(土)までにお申込の方
2.2名以上でお申込みの方
3.他塾からの転塾の方
4.シングルマザーの場合
5.ご兄弟でお申込み方
6.塾生・卒塾生の紹介の場合
●特に新中3生の問い合わせが増えていますので、お早めにお電話ください。 TEL:365-4722 (14:00-21:00)
-----------------------------------------------------
2017.3.1
■■■春期講習のご案内■■■
公立中学から人気都立高校へ

東和塾では、3月25日(土)から4月7日(金)まで春期講習を実施します。短い春休みですが、特に新中1生は、中学へ進学してスムーズなスタートが切れるように、また新中3生(受験生)は、1年後の都立高校入試に向けて、2月の定期テストで得点と内申点をアップさせて、ワンランク上の都立高校を一緒に目指しましょう。そのための教科別勉強法をアドバイスいたします。
◆日 程
3月25・27・28・29・30・31、4月1・3・4・5・6・7 
◆コース
●小学生 60分×4回から
●中学生 120分×6回から
●高校生 120分×6回から
 ◆塾生たちの実績紹介
Y.O.さん(蒲原中) 上野高校合格
(中2・学年末評定→中3・12月内申)
国語4→4
数学4→4
英語4→5
社会3→4
理科3→4
音楽3→5
保体4→5
技家3→5
美術4→4
換算内申46→59

●M.K.さん(蒲原中) 向丘高校合格
国語3→3
数学3→5
英語4→5
社会2→4
理科3→4
音楽3→3
保体3→3
技家3→4
美術3→4
換算内申39→49

●S.Tさん(蒲原中)墨田川高校合格(特進クラス)
●M.Kさん(蒲原中)江北高校合格(特進クラス)
●M.Tさん(蒲原中)三田高校合格
●H.Mさん(蒲原中)青山高校合格
●N.Uさん(蒲原中)向丘高校合格
●N.Oさん(蒲原中)葛飾野高校合格

●中1英語前期評定(蒲原中)
H28:5・5・5・5・5・5・4・4・4・4・3・3
H27:5・5・5・5・5・5・4・4・4・4
H26:5・5・5・5・5・5・5・4・3・3
-----------------------------------------------------
2016.4.25
■□■H28都立高校大学合格者数■□■
高校名 卒業生 国公  早慶  GMARCH  日東
           立大  上理         駒専
日比谷 320  153  490  240    22
戸山   312   82  205  301    61
青山   284   80  185  371    62
新宿   317   66  172  310    95
両国   196   35  162  166   128
駒場   360   40  111  444   177
白鴎   231   25   99  183    95
三田   306   18   52  236   223
竹早   274   14   73  205   166
国際   235   10   74  122    52
小松川 314    8   38  197   242
豊多摩 314    7   37  159   173
墨田川 323    6   29  113   209
城東   318    2   33  206   211
文京   357    5   24  151   204
上野   316    1   31  130   176
深川   317    0    9  169    82
江戸川 354    1   10   51   182
向丘   271    0    3   17    89
江北   358    1    5   38   104
本所   280    0    0    4    47
足立   307    0    1    4    16

★進学指導重点校や推進校、中高一貫校中心に、難関大学合格者数を伸ばしています。中でも、中高一貫校の白鴎・両国は卒業生が200名前後にもかかわらず難関へ合格者を多数輩出しています。両校は、6年間という中高一貫校のメリットを最大限活かし、難関大を中心として合格実績の向上を目指し組織的に取り組んでいます。スポーツの盛んな城東・文京は、入学時の偏差値に比べ、大学合格実績は、少し物足りないと思います。

★進学指導重点校(日比谷・戸山・青山・他)
 進学指導特別推進校(新宿・国際・他)
 進学指導推進校(三田・豊多摩・竹早・墨田川・城東・小松川・ 江北・江戸川・他)
 GMARCH(学習院大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大)
---------------------------------------------------
2016.4.25
■□■H28蒲原中都立高校進学者数■□■
      男子 女子 合計
日比谷   0   0   0   
戸山     0   0   0  
青山     2   1   3
新宿     2   0   2  
両国     1   0   1  
駒場     0   0   0  
竹早     0   0   0  
国際     0   2   2  
三田     0   1   1 
小松川   0   2   2 
白鴎     2   0   2  
豊多摩   0   0   0
墨田川   6   0   6
城東     0   0   0  
文京     4   3   7  
上野     4   3   7 
豊島     1   0   1 
深川     1   1   2  
江戸川   3   2   5 
向丘     0   3   3  
江北     5   7  12  
本所     1   0   1 
飛鳥     0   2   2
足立     6   8  14
葛飾野   3   7  10
竹台     1   1   2
日本橋   1   3   4
足立新田  3   0   3
足立西   0   1   1
淵江     9   4  13
青井     2   1   3
南葛飾   1   1   2
工芸     0   1   1 (デザイン)
産業技専  0   0   0
科学技術  1   0   0
葛飾総合  8   5  13
農産     0   2   2 (園芸)
農産     3   0   3 (食品)
足立工業  2   0   2
荒川工業  2   0   2 (電気)
荒川工業  0   1   1 (総合)
足立東   2   2   4

★卒業生188人中146人が都立高校へ進学しました。足立14人、淵江13人、葛飾総合13人、江北12人、葛飾野10人、文京7人、上野7人そして、墨田川6人で合計82人、都立高校合格者全体の56%でした。一方私立高校では、地元の修徳・共栄学園・関東第一へ進学する人はいませんでした。いずれにせよ、公立小から公立中と進学し、都立上位校や人気校へ合格するのも十分可能です。